ベビーモデルの募集情報・体験談をご紹介♪

歌手になりたい

小学1年生・7歳の我が家の娘。大きくなったら歌手になりたいという。

まぁ、よくある子供の将来の夢ですよね。少し前までは動物か人間のお医者さんになりたいと言っていたのが、そこへ歌手も加わりました。動物のお医者さんか人間のお医者さんか歌手になりたいと、夢が一つ増えました。御多分に漏れず、May J「レリゴー♪」の影響です。

お医者さんも難しいけれど、歌手はもっと難しい。

というかまず無理。

というのも、娘は音痴だからです。

ランドセルを片付けながら、トイレで用を足しながら、お風呂に入りながら「ありの~ままで~♪」と高らかにうたいあげるのですが、ちょっと突っこめないほどの音程。音楽系の習い事を全くしていないといっても、もうちょっとなんとかなんないのか…歌手云々以前に、歌習いに行った方がいいんじゃないだろうか?と半ば真剣に考えていた私です。

それがある日のこと。娘が「○○(こどもの名前)はさぁ歌うまいからさぁ、歌手になれると思うんだけど、顔はあんまりカワイくないからさぁ、歌手になれないかなぁ?」と言うのです。

は?なんですって??ちょちょちょっと、なんて言った今???

ちなみに顔は可もなく不可もなく。丸いほっぺたが子供らしくてカワイイといえる、といった感じ。確かにね、歌手はね、相当カワイイ…というか人とは違ったナニかが必要だからね…と言いたいところを抑えて「いやいや、○○はカワイイよ?だいじょぶだよ?」と言ってみました。「え~(うれしそう)そうかなァ~」とニヤニヤ。

しかし「歌うまい」については私の口からはお世辞も冗談も出ませんでした。だって深刻なヘタさ加減なんですもん。小学生ってこんなもん?いやいや、にしたってヘタすぎるだろう。なのにどこから「私歌うまい」が出てくるんだ?歌いながら自分で惚れ惚れしてるのか…お風呂はやっぱり自分の耳にも上手な声が届くのでしょうか。私、お風呂で歌わないんで分からないのですが。いや~本当に驚きの発言でした。

この話をダンナにしたところ、娘の感想に対し「顔に関しては否定しないが、歌に関しては否定する」と一言。
そうだよね、やっぱりそう思うよね~と二人で大笑いしました。ま、楽しく歌っているからいっか。

Pocket

関連記事

最近のコメント